国際大会

”棋聚五洲”第1回世界シャンチーインターネット棋王大会

開催方式 シャンチーアプリ「天天象棋」を使用したインターネット国際大会

日程  予選 4月9日~15日 決勝トーナメント(予選上位6名と中国選手2名)4月16日~19日

予選参加人数 78名

日本からの出場選手 所司和晴 楊帆 可児宏暉 田中篤

 

結果

可児宏暉 3勝2敗2和 27位(*NC/NV1位)

所司和晴 3勝3敗1和 40位(NC/NV3位)

田中篤  3勝4敗  54位(NC/NV5位)

楊帆   2勝4敗1和 66位

*NC/NVとは非中国・ベトナム系選手のこと。ハーフの場合は、父親が非中国・ベトナム系であればNC/NVの対象になる。

第1回マカオ日本インターネット大会

開催方式 シャンチーアプリ「天天象棋」を使用したマカオ青年チームと日本チームの国際交流大会

日程 4月18日

出場選手 所司和晴 可児宏暉 楊帆 井上奈智 徐光亜 田中篤 曽根敏彦

大会形式 7人対7人の団体戦形式 持ち時間30分+1手10秒加算の5ラウンド

 

団体結果 日本の3勝2敗

1回戦 × 2勝4敗1和

2回戦 ○ 5勝2敗

3回戦 ○ 4勝2敗1和

4回戦 ○ 5勝1敗1和

5回戦 × 2勝5敗

第2回マカオ日本インターネット大会

開催方式 シャンチーアプリ「天天象棋」を使用したマカオチームと日本チームの国際交流大会

日程 5月2日

出場選手 所司和晴 服部亜光 可児宏暉 楊帆 徐光亜 曽根敏彦

大会形式 6人対6人の団体戦形式 持ち時間20分+1手10秒加算の6ラウンド総当たり

 

団体結果 日本の3敗3和

1回戦 × 2勝4敗

2回戦 × 2勝3敗1和

3回戦 △ 2勝2敗2和

4回戦 △ 2勝2敗2和

5回戦 × 2勝3敗1和

6回戦 △ 2勝2敗2和

第1回マレーシア日本インターネット交流大会

開催方式 シャンチーアプリ「天天象棋」を使用したマレーシアチームと日本チームの国際交流大会

日程 5月16~17日(土・日)

大会形式 12人対12人の団体戦形式 持ち時間20分+1手10秒加算の10ラウンド

出場選手 山崎秀夫 所司和晴 可児宏暉 楊帆 楊秋野 井上奈智 徐光亜 田中篤 楊陽

高橋淳司 曽根敏彦 麻生達郎 計12名

 

団体戦結果 日本の10敗

1回戦 × 2和10敗   2回戦 × 3勝9敗

3回戦 × 1勝9敗2和  4回戦 × 1勝10敗1和

5回戦 × 2勝9敗1和  6回戦 × 1勝10敗1和

7回戦 × 1勝8敗3和  8回戦 × 2勝9敗1和

9回戦 × 1勝9敗2和 10回戦 × 12敗

第1回カナダ日本インターネット交流大会

開催方式 シャンチーアプリ「天天象棋」を使用したカナダチームと日本チームの国際交流大会

日程 6月13~14日(土・日) 6月27~28日(土・日)の計4日間

大会形式 8人対8人の団体戦形式 持ち時間30分+1手10秒加算の8ラウンド総当たり

出場選手 田中篤 楊帆 所司和晴 徐光亜 曽根敏彦 井上奈智 麻生達郎 高橋淳司 計8名

 

団体戦結果 日本の8敗

1回戦 × 2勝5敗1和  2回戦 × 1勝6敗1和

3回戦 × 1勝5敗2和  4回戦 × 6敗2和

5回戦 × 1勝7敗       6回戦 × 2勝5敗1和

7回戦 × 2勝6敗    8回戦 × 1勝5敗2和

AXF都市対抗インターネット団体戦

開催方式 シャンチーアプリ「天天象棋」を使用したインターネットアジア団体戦

日程  7月20日~26日

大会形式 1チーム4名の団体戦 1日1局ずつで計7ラウンド

参加団体数 26チーム

日本からの参加チーム

千葉チーム 田中篤 所司和晴 徐光亜 曽根敏彦

広島チーム 高橋淳司 可児宏暉 楊帆 井上奈智

 

結果

広島チーム 1勝1和5敗(25位)

高橋淳司 1勝6敗

可児宏暉 2勝3和2敗

楊帆   2勝2和3敗

井上奈智 2勝2和3敗

 

千葉チーム 1勝6敗(26位)

田中篤  1勝6敗

所司和晴 1勝3和3敗

徐光亜  2勝2和3敗

曽根敏彦 1勝6敗

2020年アジア選手権大会(中止)

*2020年アジア選手権大会は、コロナウイルスの世界的感染拡大の影響から中止が決定しました。

開催国 タイ

日程 9月19日~24日

部門・出場枠 男子団体4名 女子個人1名 少年個人1名

タイトルとURLをコピーしました